おせち料理の歴史を紹介します

皆さんもお正月には毎年食べているおせち料理ですが、おせち料理にはどのような歴史があるのでしょうか。

いつから日本で登場して食べられてきましたのでしょうか。

おせち料理の歴史について紹介します。

おせち料理は、もともとは平安時代から食べられてきた料理だと言われています。

最初は宮中行事で食べられていた料理だったようですよ。

平安時代に、お正月の行事のお節句の料理だったものが、江戸時代になったところで庶民に広がっていったのです。

その後、全国的に広がり、幅広い人たちに食べられるようになったようです。

この時に庶民は、豊作への願いやお祝いごととしておせち料理が広まっていきました。

正月の行事が広まったのもこの時で、このころから神社に行って初詣をするようになったようですよ。

今のお正月の行事はこのころに広まったのですね。

またおせち料理にはもう一つの意味があります。

主婦は家事に育児にと一年中休みがありません。

ですから、お正月の時くらいは食事をする支度を休ませてあげたいという心遣いの意味もあるようです。

だからおせち料理には日持ちする料理で作られているということになりますね。

今ですと電化製品があるのでそこまで大変でもないかもしれませんが、昔は火をおこすだけでも一苦労だったこともあるのでしょうね。

お正月だけでも家事をしなくてもよいということはとてもうれしいことだったでしょう。

おせち料理にはこのような意味や歴史があるものです。

歴史や意味を知ると、去年よりいっそうお正月が楽しめそうですね。

■オススメ・・》》【オイシックス】のおせち